読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投手陣堅調!相手のミスで得点

 本日も日本ハム戦。7-3で勝利。

 先発のロッテ西野勇士と日本ハム木佐貫洋は似たような調子で、4回までお互いに2失点。次の1点をどちらが取るかで流れは大きく変わりそうだった。

 その得点を取ったのは6回表のロッテ。ブラゼルのヒット、サブローの3塁ゴロを杉谷拳士がエラー、角中勝也が四球で満塁となったところで、木佐貫がワイルドピッチ。後逸した球の処理にもたつく間になんと3者ホームイン。満塁でワイルドピッチがあっても普通は1者生還、悪くても2者生還というところで、3者生還というのは珍しいのではないか。張本勲さんに喝!を喰らいそうである・・・。

 結局これが決勝点となって、今日はロッテの勝ち。この他にも日本ハムは細かいミスが多かった。もし、3塁手が小谷野栄一で、遊撃手が大引啓次なら結果は違ったかもしれないが。

 これで2連勝となったロッテ。なんといっても投手陣が堅調なのが大きい。明日の先発は藤岡貴裕。一変の快投を見せてくれないか・・・。何を置いても、球速次第、という気がする。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村