読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たくさんのお客さんの前で大嶺祐太が激投も敗れる

 今日のソフトバンク戦。0-3で敗北。

 大嶺祐太の2年ぶりの先発を祝うかのように、久々に観客は25,496人と結構な入り。お天気にも恵まれて、絶好の野球観戦日和となった。

 その大嶺は6回まで無失点と好投。7回表にラヘア、松田宣浩と連打された時点で降板となったが、いいピッチングだった。この内容なら次回もチャンスがあるだろう。

 その7回表、2番手の服部泰卓は左打者の柳田悠岐を無事抑えたが、3番手の中郷大樹が誤算。吉村裕基に死球を与えると、恐怖のロッテキラー細川亨にレフト前適時打(サブローの緩慢な守備もありました)をくらってしまった。きわどい球をボールと判定される不運もあったが・・・。

 7回裏、8回裏とチャンスもあったのだが、いずれも得点にはいたらず。9回裏はファルケンボーグにきっちり4凡に抑えられて、ゲームセット。

 今日の収穫はなんといっても大嶺祐太の好投か。特に2回から5回はすべて3者凡退という素晴らしいピッチング。次の登板が楽しみだ。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村