読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤岡貴裕は好投したが・・・。今日は采配が不的中

 今日の西武戦。1-4で敗退。

 先発の藤岡貴裕は、粘り強いピッチングで7回0/3を被安打9失点3。3番手の荻野忠寛がやや崩れて藤岡が貯めたランナーが生還してしまったので、失点が増えてしまったが、今日はまずまずのピッチングだったか。ただし、球速はイマイチだし、9安打されて満足していてはいけない。藤岡の器の大きさからすれば、相手を制圧してしまうような、格の違いをみせつけるようなピッチングを期待したいのだが・・・。

 今日は珍しく伊東勤監督の采配も「?」だったような気がする。まず、藤岡を8回表無死1・2塁で降板させた後に2番手として中後悠平を起用。まだ一点差で勝負どころの8回。普通なら2軍から上がってきたばかり、しかも安定感のない中後を起用する場面ではないような気もする。そして3番手はここのところ調子の上がらない荻野忠寛。これが裏目で、代打嶋を四球で満塁とした後に、ヘルマンに強烈なセンターへの犠牲フライを打たれて追加点をとられた。でも、冷静に考えてみると、勝っている試合で使うピッチャーは、負けている試合で使わないという長期的展望に立った起用と言えるのかもしれない。まだ納得もできる。

 どちらかといえば、より不可解なのが攻撃時の采配。0-4で負けている8回裏。先頭打者岡田幸文は内野ゴロに倒れたが、根元俊一センター前ヒット、角中勝也四球、井口資仁レフト前タイムリーで1死1塁2塁。迎えた4番ホワイトセルになんと代打サブロー!いくらピッチャーが左腕のウィリアムスだからとはいえ、3点ビハインドで比較的好調で長打のあるホワイトセルに代打を出すのは、確率の高い作戦とは思えないが・・・。

 その代打サブローは四球で出塁。1死満塁となったが、ここで5番福浦和也になんと代打GG佐藤!せっかくウィリアムスがコントロールを乱して動揺しているのに、わざわざ右の代打を出して、ピッチャー交代を促すのは、確率の高い作戦とは思えないが・・・。しかもチームきっての好打者福浦に満塁のチャンスで代打を出すのはいくらなんでも士気にかかわるような気がするのだが・・・。

 この、常識の裏を行くギャンブル的な采配、成功すればさすが伊東勤監督ということになるのだが、結果はダメだった。

 明日の先発は唐川侑己。昨日も書いたが、そろそろ明日あたりは3-0くらいで安心してみていられる試合を期待したい。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村