読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらに激戦

 今年ドラフト4位で入団したばかりの加藤翔平が、昨日・本日と行われた石垣島キャンプ紅白戦で大活躍した模様。

(2月16日)
この試合でひときわ光っていたのはルーキーの加藤選手。
紅組の1番・中堅手で出場すると、第1打席でいきなり初球の変化球をとらえて中前打を放ち、続く第2打席でも安打を記録。
4回の守備では、本塁への見事な返球を披露し、俊足の伊志嶺選手を本塁憤死とするなど、まさに攻守にわたる活躍を見せました。
試合後は「(スイッチヒッターなので)左右どちらの打席でもヒットが出たのが大きい。1番打者が投手の出鼻を挫くことができればチームに流れがくるので、“1番打者の第1打席”は凄く大事。新人なので、自分の持ち味を思い切ってアピールしたい」と話しました。
最終打席では自己判断でセーフティバントを試みた加藤選手。結果は伴わなかったものの、果敢に出塁を狙う姿に、伊東監督も「自分で考えて塁に出ようという姿勢があり、実戦向きの選手」と評価していました。

(2月17日)
加藤選手はセーフティバントを含む2安打3盗塁を記録するなど、ルーキーの2人の活躍が目立ちました。

 それでなくても人材豊富な外野陣。角中勝也岡田幸文あたりは常識的に考えると本来レギュラー安泰なのだが、この他に清田育弘、荻野貴司伊志嶺翔大、そして加藤翔平といるので、角中・岡田もうかうかしていられない状況だし、サブローや神戸拓光あたりになると守りにつくのは難しいのでは、と思ってしまうほどだ。

 うれしい悲鳴、という感じの伊東勤監督だが、果たして誰をレギュラーに選ぶのか?

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村